珪藻土や漆喰、メッシュフェンスが安いアイビ快適建材ショップ

twitter

facebook

アイビ快適建材ショップへご来店ありがとうございます
アイビ快適建材ショップへご来店ありがとうございます!
当ショップでは珪藻土や漆喰(しっくい)などの塗り壁や左官材料・建築材の総合商社として多彩な商材をご提供しております。
通販ネットショップを通じて豊富な品揃えと常にお客様の立場に立って考えたサービスを追及しております。
  • 選べるお支払い方法
    • クレジットカード結成
    • 銀行振込
    • 商品代引
    • コンビニ決済
  • クレジット決済可能
    • VISA
    • ダイナースクラブカード
    • MasterCard
    • JCB
    • アメリカン・エキスプレス
  • yahoo!ウォレット
    BtoB取引におきましてはYahoo!ウォレット決済はご利用できません。予めご了承ください。
いらっしゃいませ!ご訪問頂きましてどうもありがとうございます。
私がサイト管理者の中田勇輝です。
アイビ快適建材ショップ サイト管理者の中田勇輝
インターネットでのやりとりですが、お客様への感謝の気持ちを忘れず、誠心誠意をもって対応致しますのでどうぞよろしくお願い致します。
メルマガ登録

タナクリーム ♯200(オリジナル)20kg
販売価格
10,140円(内税)
購入数
ペースト状 100%自然素材の漆喰

施工性抜群のタナクリーム♯200(オリジナル)
強い光沢が簡単に出せます。

約22〜23/1缶(20圈



タナクリーム 専用シーラー
タナシーラー≫


タナクリーム専用顔料はこちら≫

タナクリームシリーズは、日本伝統建材である漆喰とヨーロッパの伝統建材である生石灰クリームを組み合わせた、新しい形の漆喰です。自然素材である事は勿論のこと、安全性、施工性、創造性、コスト面で非常に優れた素材なのです。

[タナクリーム♯200(オリジナル)の特長]
・開缶したらすぐに使用でき、ペースト状で水練り手間なし。
・化学物質の含有なしの100%自然素材。(高知の山から採掘された石灰)
・原料の石灰の粒子が細かい為に、下地への付着性は抜群。
・湿度を調整し、結露からくるカビやダニを防ぎ。悪臭やホルムアルデヒトなどのVOCを吸着します。
・アルカリ性で抗菌作用を長時間持続します。
・キメの細かい漆喰仕上げが可能。
・下地への付着性抜群。
・薄塗り施工ができる。
・イタリア磨き、コテ塗り、刷毛塗り、ローラー塗り等、用途が広い。
・着色が自由にできる。
・簡単に光沢を出す事ができる。


■タナクリーム#200の取り扱い
1. 使用前の準備

「タナクリーム#200」内装用 顔料等を混入しない場合は、開封してヒシャク等で軽くかき混ぜてご使用下さい。
撹拌機等で撹拌する場合は施工の2〜3日前にペール缶の中からビニール袋のまま取り出し、下部をカットして全量を容器に移し変えてから行ってください。
撹拌直後はタナクリームが柔らかくなることがあります。
2. 使用後の注意
残った場合は、上部に少し水を張るか、ビニールを張り付け、蓋を確実に閉めて密閉する。
3. 施工面積
上塗 22〜23屐20kg
5. シーラー
別売の「タナシーラー」をご使用ください。
6. パテ材
市販のボードパテまたは樹脂パテで施工します。パテの乾燥不足は施工不良の原因となりますので御注意下さい。
7. コテ・ローラー
使用するコテは、腰の柔らかいシゴキコテ(角コテ)が作業性が良いです。
#200に使用するローラーは、スポンジ状のマスチック(砂骨)ローラーを使用してください。
8. 養生
「タナクリーム」は粒子が細かいので、チリ際に付着したクリームが取りにくいため、養生テープを貼ってください。外部施工の時は、必ずシート養生をしてください。
9. 保管
直射日光の当たる場所、湿度の高いところ、高温(40℃以上)、低温(5℃以下)での保管は避けてください。
10. 施工上の注意事項
・チリ廻り、木部などはしっかりと養生してください。
・チリ際は木材の収縮などで隙間が生じることがあります。
・同壁面での塗継ぎはしないでください。
・自然素材のため色ムラが出ることがあります。
・急激な乾燥はクラックの原因となりますので、避けてください。
・コテを通した方向の違いにより色ムラになることがあります。
・気温が5℃以下、または凍結の恐れがあるときは施工を中止してください。
・寒冷期の施工は白華現象が発生する可能性がありますのでご注意下さい。

■施工要領
〇ブラスターボード下地
(1)下地処理

下地処理
ジョイント部・入隅・出隅にジョイントテープを貼り付け、ビス頭と共にパテ処理を行い、乾燥後全面 にシーラー処理を行います。パテ処理は表面が盛り上がらないように注意します。
パテは十分に乾燥させます。乾燥が不十分な場合、変色やクラックの原因になります。 また、パテの種類によっては、壁材の下地に対応しないものもありますので、事前にパテメーカーに御相談下さい。
パテ処理の代用として石膏系の薄塗り下地材やカーボン繊維等を含む弾性下地材をご使用の場合は、ジョイント部だけでなく、必ず施工面全体に規定の厚さで塗布してください。
ビニールクロスを剥がして塗る場合は、クロスの裏紙が残ることがないよう完全に剥がします。残ったまま塗ると、シワになって浮きをおこすことがあります。また、古いボードの場合、塗り付け後アクが出ることがあるので、アクが出る時は下地にアク止め剤を塗布します。

・プラスターボードはJASS19-9に準拠した方法でしっかりと固定し、必ず横桟を設置してください。
・コンクリート躯体の場合、直張り工法で固定したプラスターボードには施工できません。
・プラスターボードの固定に使用するビスは防錆加工品を使用してください。
・プラスターボードはVカットボードを使用し、V型端以外においてはカッター等でジョイント部がV型になるようにカットしてご使用下さい。
・プラスターボードのカット部はシーラー処理を行ってください。
・プラスターボードのジョイント部に動きが想定される場合はジョイント同士を接着剤にて固定してください。
・下地の調整後、必ずシーラー処理を行い、水引きのムラを極力抑えてください。

(2)中塗
中塗り
「タナクリームN−20」内装・中塗用を1ミリメートル程度の厚みでコテで塗りつけます。
開缶時、固い場合は少量の水を入れて撹拌して使用します。
上塗では不陸調整が出来ないので、平滑にコテムラを出さないように注意してください。一度厚塗するとクラックの原因となります。厚みが必要な時は塗重ねが出来ます。塗り重ねるときは最初に塗りつけた面が完全に乾燥してから行ってください。
1回の塗り厚は1ミリメートル以下にしてください。
※中塗り工程でコテ波が残っている場合、上塗り後にコテ波が現れる場合があります。

(3)上塗
上塗り
中塗施工後、1〜2日乾燥させた後、「タナクリーム#200」をコテ・刷毛またはローラーで塗り付けます。
1.シゴキ塗後、更に塗り付け、水引きを見ながら仕上げを行います。その際、シゴキ塗りと仕上げ塗りで1ミリメートルの厚位になるようにします。
2.刷毛またはローラーで塗る場合、直接刷毛・ローラーにタナクリームを付けての施工も出来ますが、コテで塗り付けると同時に刷毛またはローラーでパターン付けをする方が効率的です。
※コテを当てすぎるとムラ光りすることがあります。
※塗り付けた時、下地から泡状に吹き出た時は、コテを立てて擦り、下地の空気を取り除いてください。
※一度に1ミリメートルを超えて厚塗するとクラックの原因となります。

●磨き仕上げにする場合
磨き仕上
上塗後、コテで整面し、コテ通しを重ねている内に光沢が出て来ますが、コテが当たらなくなって触っても手に白く付かなくなった時に、柔らかい布(ネル等)かティッシュペーパー等をスポンジに巻き付けて表面を擦ってください。

●着色する場合
着色
1.「タナクリーム」20キログラムに対し専用顔料1本を入れ、良く撹拌します。着色の場合1缶ずつ配合するとムラが出ることがあるので、施工面積に必要な量を一度に調合してください。コテの当たる回数の違いにより色ムラが出ることがあります。
2.粉末顔料で着色する場合は、別容器に顔料を入れ、少量の水を徐々に添加しながら混練りし、練り上げた顔料をタナクリームに投入し良く混練します。
3.市販の粉末顔料を使用する場合は、石灰系に適さない顔料もあるので、顔料メーカーの指導により使用してください。
※自然素材のため色ムラ発生することがあります。

○モルタル・砂しっくい・石膏ブラスター下地
(1)下地処理

下地シーラー
モルタル・砂しっくい・石膏プラスターとも、あまり粗面仕上げで無く、やや平滑に仕上げておき、完全乾燥させた後、全面にシーラー処理を行います。
チリ際には養生テープを貼り付けます。
(2)中塗
上記(2)と同じ要領で施工してください。

(3)上塗
上記(3)と同じ要領で施工してください。

(4)磨き仕上げ
上記「磨き仕上げにする場合」と同じ要領で施工してください。

(5)着色
上記「着色する場合」と同じ要領で施工してください。

■施工上の注意
気温が5℃以下、または凍結の恐れのある時は、施工を中止してください。

○しっくい下地
(1)下地処理

下地しっくい
下地となるしっくいの状態を調査し、浮き・剥離・亀裂等が無いか確認します。
浮き・剥離・亀裂がある場合は、下地の補修を行います。
表面の清掃を行った後、全面にシーラー処理を行います。
亀裂がある箇所では、大きい亀裂はVカットして処理をし、更にネットを貼り付けます。また、古いしっくいの場合、塗り付け後1〜2時間でアクが出ることがあるので、アクが出る時は下地にアク止め剤を塗布してアク止め処理を行います。
チリ際には養生テープを貼り付けます。

(2)中塗
上記(2)と同じ要領で施工してください。

(3)上塗
上記(3)と同じ要領で施工してください。

(4)磨き仕上げ
上記「磨き仕上げにする場合」と同じ要領で施工してください。

(5)着色
上記「着色する場合」と同じ要領で施工してください。

■施工上の注意
気温が5℃以下、または凍結の恐れのある時は、施工を中止してください。

○土壁下地
(1)下地処理

下地土壁
中塗土が充分乾燥後、砂しっくいを5ミリメートル程度塗り付け、乾燥させた後、全面にシーラー処理を行います。チリ際には養生テープを貼り付けます。

(2)中塗
上記(2)と同じ要領で施工してください。

(3)上塗
上記(3)と同じ要領で施工してください。

(4)磨き仕上げ
上記「磨き仕上げにする場合」と同じ要領で施工してください。

(5)着色
上記「着色する場合」と同じ要領で施工してください。

■施工上の注意
気温が5℃以下、または凍結の恐れのある時は、施工を中止してください。

施工が不向きな下地及び場所
・ビニールクロス・ペンキ・ベニヤ・軽カル板・砂壁・繊維壁・じゅらく壁・浴室内・水廻り
・その他、伸縮する下地はクラック発生の可能性があります。

----------------------------

■テクスチャーによる施工方法(内装)
「タナクリーム#200」は無限のテクスチャーが可能な製品です。その一部をご紹介しますが、皆様の感性により、素材を理解していただければ多種多様な表現で創作壁を作っていただけます。下記の行程は上塗のみの施工要領です。中塗は前述の(2)と同じ要領で施工して下さい。

○藁スサ入り
わらすさ入り

○ローラー仕上げ
ローラー仕上

○ハケ塗り
ハケぬり

○竹炭・藁スサ入り
竹炭わらすさ

○黄土入り
黄土入り

○カルチュラサータ仕上げ
カルチュラサータ仕上げ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


タナクリームN-20(♯200専用中塗材)20kg


壁・エクステリアリフォーム 関西エリア地域密着